電動ラジコン 冬場のバッテリー性能

<スポンサードリンク>
ラジコンばってん、今まで飛ばなかごたる物まで飛んでしまう時代になったとよ。それはリチウムポリマー電池の登場と普及によっところが大きかと思っとーとよ。ばってん、大手のメーカーのソニーなどでん発火事故などがあり、パソコンや携帯電話での回収騒動があったとよこつも、記憶に新しかところやけん。

そげん中、アメリカ「A123Systems社」が開発した新しか電池が、注目ば集めつつあるとです。

あたきは5セルで電動ヘリば飛ばしとぅとで、「レプトン」と同じ3400回転程度のメインローター回転域にするためには、4.8:1程度にする必要があるとです。と言うこつはピニオンギヤば25Tなかし26Tにしなくてはなりましぇん。そこで、26Tにギヤば変更してみっと、そげんこつな元気が出てきよったと。

どうやら、電動ヘリば同じごたる飛行感触で飛ばすためには、夏場、冬場にギヤ比の変更が最低限必要なようやけん。またもっと言うとモーターのKV値の変更が望ましかのかも知れましぇん。同じ120Tのメインギヤば使用した場合、夏場22Tやったピニオンギヤが26Tにもなり、そん差4枚。ギヤ比にすっと5.45:1から4.6:1にも変更が必要だと言うこつが分かってきよったと。

現在の様なハイパワーな仕様の電動ヘリば飛ばして、やっと1年目の冬やけん。これからもテストば続けて行くと、また違ったとよ事が分かるかも知れましぇん。電動はいつでん同じごたる条件で飛ぶと思っておったとよが、実は大きな違いがあったとよと言うこつば思い知ったとよ。こん数年バッテリーの進化はもんすごか勢いやけん。
posted by 博多ラジコン at 13:39 | Comment(0) | 博多ラジコン

電動ラジコン リポの保温方法

<スポンサードリンク>
LiPoは充電直後にバッテリー自体の温度上昇ばあまり伴わなかため、何らかの方法で保温する必要が生じるわけやけん。いろいろな保温方法が考えられますが、LiPoは水分と反応すっと危険やからお湯ば使ったとよ方法はよほどん工夫と注意が必要となりますので一般的にはお薦めできましぇん。

使い捨てカイロば使用しとぅ人もおっとが、これも専用の保温箱等ば作って行う必要があるかと思っとーとよ。また温度が上昇しすぎっとかえって性能低下ば招き、また危険ば伴おっとので十分注意せななりましぇん。バッテリーの温度は、概ね体温程度(35度C程度)に温めるのが理想やけんので、ポケットに入れて時間ばかけて温めっとちゅう方法が一般的んごたるです。

バッテリーの温度は、概ね体温程度(35度C程度)に温めるのが理想やけんので、ポケットに入れて時間ばかけて温めっとちゅう方法が一般的んごたるです。ばってん、ここで注意しとっただきたいのは、ポケットは上着の胸ポケットば使用した方が無難ちゅうこつやけん。

ズボンのポケットに入れた場合、立ったとより座ったとよりしとぅうちに、LiPo の電極が変形してショート・発熱・火傷、ちゅう事態ば引き起こす可能性があるとですので、保温ば目的とする場合だけやなく、ズボンのポケットに入れて持ち歩くこつは絶対にせんようにしてつかぁさい。また、なんらかの原因により LiPo 本体の温度が上昇し、また発火する、ちゅう事態も考えられますので、火傷せんよう十分注意が必要になりますとよ。
posted by 博多ラジコン at 22:34 | Comment(0) | 博多ラジコン

電動ラジコンの基礎知識

<スポンサードリンク>
現在ラジコン用として販売されとぅ、LiPo(リチウムポリマー)バッテリーは、正式には「リチウムイオンポリマーバッテリー」で、基本的にはリチウムイオン用充電器で充電ができますとよ。充電に際しましては、セル数(直列接続されたバッテリーのセル数)1セルあたりの電圧設定(VK, E-Tec, コカム は 3.7v/セル)、充電電流(1C以下)ば間違えなかよう十分確認ば行ってつかぁさい。

一般的には、見過ごされがちやばってんがくさ、パワーとフライト時間さらに信頼性にかかわる重要なアイテムで、RCカーのレースではコネクタの制限があるくらいやけん。汎用のコネクタはロスが大きかばっかいやなく、長期の使用によって接触不良等ば起こすこつがあるとですので、もしニッカド・パックに汎用のコネクタが付属しとった場合は、コネクタの交換ばお薦めしときますばい。

ラジコン空物とは、デジタルプロポーショナル装置で遠隔操縦する、模型飛行機及び模型ヘリコプターのこつやけん(無線操縦のこつやけん)。変り種としてはオートジャイロなどもあるとです。ラジコン電波の有効範囲は500メートル以上あるとですので、操縦者の目に見えるでは、自由に操作可能やけん。無線機材の進歩によって、正確で安全性の高か飛行が可能になったとよ。
posted by 博多ラジコン at 09:24 | Comment(0) | 博多ラジコン

ラジコン リポバッテリー(小型・軽量・大容量)

<スポンサードリンク>
LiPoは、小型・軽量・大容量ちゅう性質ば有した次世代の主力となりうるバッテリーやばってんがくさ、ニッカドやニッケル水素電池と比較して取扱にシビアな面があり、またそん取扱方法も十分には確立されておらんこつから、使用条件によっていろいろなトラブルが発生する確率も高かと思われますとよ。

また、ニッカドやニッケル水素電池と比較した場合の欠点もあるとですので、そん特性ば十分理解した上で使用する必要があるとです。使用にあたっては「リポの高性能はリスクば引き替えである」ちゅう認識が必要になっと思っとーとよ。

リポの充電については、必ずリポ対応充電器ば使用してつかぁさい。また、ニッカドやニッケル水素バッテリーは、充電の際にセル数ば設定する必要がなかとですが、LiPoはセル数の設定が必要やけん。セル数の設定ば間違えますと電池の損傷、さらには破裂・発火ちゅう事故につながりますので、使用するLiPoバッテリーパックのセル数に応じて充電器の設定ば行ってつかぁさい。

セル数自動認識(自動電圧検出)タイプの充電器の場合、バッテリーの充電状態によっては、セル数ば誤認識する場合があるとです。よってセル数自動認識タイプの充電器の場合ばってん、必ず手動でセル数ば設定してつかぁさい。

充電に際しましては、電池の種類・電池の電圧タイプ・セル数・充電電流(1C以内)の設定確認ば確実に行ってつかぁさい。確認は、面倒でん毎回行うこつばおすすめしときますばい。前回と同じやけんそんままの設定で、ちゅうごたるこつは事故の原因となりますので、注意してつかぁさい。
posted by 博多ラジコン at 05:46 | Comment(0) | 博多ラジコン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。