電動ヘリ T-REX450

<スポンサードリンク>
電動ヘリT-REX450は、完成度が低く安定した飛行ができましぇんやった。クリアランスの問題の解消とダブルベアリングの採用で、よりスムーズで確実な機体の動作ば実現したT-REX 450XLが発売。

メタルパーツば多用し、機体の剛性と加工精度ば向上した最高クラスのT-REX 450SEば、続いて2007年春にはT-REX 450SE V2ばリリースしとったばい。改良ば加えて登場したT-REX 450 V2は、以前のモデルより安定性が向上しとったばい。

多くのパイロットがT-REX 450ばスタント飛行の練習機に選んでおっと。そん理由は、T-REX 450の優れた性能はもちろんやばってんがくさ、墜落しても修理費用が大変安いので、安心して練習ができるからやけん。T-REX 450ば選んだパイロットたちは、短期間で飛行テクニックば飛躍的に上達させてきとーと。

日本の代表的なプロポメーカーであるフタバとJRから小型電動ヘリ専用の新型プロポが、小型受信機、マイクロサーボ、ジャイロとともに発売されとーと。これらの新製品であれば、T-REX 450SEの性能ば最大限に引き出すこつができますとよ。

現在、市場のプロポの大半はデジタルタイプになっとーと。これらのプロポでは、すべてのコマンドは内部のマイクロプロセッサーが計算して信号ば受信機に発信しときますばい。パイロットがレバーば操作すっと、サーボがセッティングされとぅ値に従って機能しときますばい。

受信機は、6チャンネル以上の受信機ば使用してつかぁさい。すでに保有しとぅ受信機があるなら、新しく購入する必要はなかとです。サーボはマイクロクラスの小型サーボ3個。長さ:23mm以下、幅:12mm以下、出力トルク:1.0kg・cm以上、スピード:0.15sec/60°以下、3Dスタント飛行で墜落すっとサーボのギアが壊れるこつが多かので、HITECH 社の HS-65MG など、メタル製のギアセットば採用するサーボばお奨めしときますばい。
posted by 博多ラジコン at 04:38 | Comment(0) | 博多ラジコン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。