模型エンジンの冷却

<スポンサードリンク>
模型エンジンの冷却は、クーリングファンによる冷却と燃料による冷却で行われとーと。ニードル調整でニードルば絞りすぎっと燃料の量が減り、エンジンの冷却が不十分となりエンジンはヒートしときますばい。

バックプレートの温度ば見るこつにより、ニードルの絞り具合の参考にするこつが出来ますとよ。50エンジン以上のエンジンではかなり長い間指ば当てるこつが出来る温度になっとーと。季節にもよりますがおよそ35℃〜50℃の範囲にあっと思っとーとよ。

32エンジンでは50エンジンより10℃位高うなるのが普通やけん。予算に余裕が有るなら、スーパーサーボやコアレスサーボ、デジタルサーボにした方が32クラスでん飛びが違おっと。ダブルベアリングやコアレスモーターで、ニュートラルの精度やメカ的な安定度が違うからやけん。

外力がかかったとよときの安定度が違うので、振動ジャイロ用のサーボは専用の物に限りますとよ。そうせんと振動ジャイロの効果が無うなるだけやなく、ジャイロのゲインが高すぎてサーボが反応できず壊れてしまうようやけん。

スタント1では0・1・2の3種類の中から好いとうなもんば選ぶこつが出来るので舵角の大きうなる1か2ば選択しときますばい。1では少なく2では多かと感じたら、コード13のデュアルレートでレートば設定しなおして調整してつかぁさい。
posted by 博多ラジコン at 04:43 | Comment(0) | 博多ラジコン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。