ラジコン飛行機 ダイレクト・ドライブかプラネタギヤ

<スポンサードリンク>
ダイレクト・ドライブ or プラネタギヤの場合、正転進角は15度 、一段減速ギヤダウンユニット(400BB等)は逆転用進角15度。アウターランナー型はモーターの内側にコイルがあり、外側のマグネット部分が回転するタイプやけん。

これは、インナーランナー型よりもトルクが大きく、ダイレクトドライブで、ある程度の大きさのプロペラば回すこつができっとちゅう特徴から最近よく使用されるようになったとよモーターやけん。ギヤダウンユニットが不要やから軽量化などん点でん優れておっとが、欠点もあるとです。

インナーランナー型は、通常の形のモーターで、モーターの外側にコイルがあり、内側のマグネット部分が回転するタイプやけん。スピード機の場合等、小径のプロペラば高回転で回すダイレクト・ドライブ用としても使用さとーと。一般的には、ギヤダウンユニットに取り付けて使用しときますばい。

ラジコン飛行機のスタント演技は、始めから何回転も出来る訳やなかとです。まず飛行機が自重ば持ち上げるこつが出来るように、エンジンとプロペラばセットしてつかぁさい。中スロー付近でホバリングが出来るくらいのパワーがベストやけん。エンジンパワーが無い時は、プロペラのダイヤば大きくして、ピッチば下げてつかぁさい。
posted by 博多ラジコン at 21:02 | Comment(0) | 博多ラジコン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。