ラジコンヘリのオーバーヒート対策

<スポンサードリンク>
ラジコンヘリのオーバーヒート対策やばってんがくさ、コントローラやモーターなどは熱ば持ちやすい物やばってんがくさ、エンジンと同じようにオーバーヒートばせんように監視しながらの使用が大切やけん。概ねモーターは70度程度まで、コントローラーは80度程度以下で使うこつが大切やろうね。

それ以上になっと、パワーが落ちたり使用不能になったとより、最悪の場合は燃えてしとったりしときますばい。規格自体もある程度以下の温度で使用するこつが前提での規格やけんので、クーリングがきちんとされておらん場合は、こん規格自体が無意味な物ともなってしまおっと。

どんモーターがどん程度のパワーや飛ばし方ばしたとき、どん程度の電力ば使うかは、センサーやテスターなどん計測器が必要で、これらば厳密に行っとぅ方は実際にはあまりおらんと思っとーとよ。ばってん、ばりこれらは重要やからす。また、規格の中でんそん使用するモーターなどにより、実は変化が起こりますとよ。

ピッチ角が0で動かす必要はなかとです。過回転、回転低下は中心のエンコン65%ば動かして行きますとよ。ある程度舵ば打ったとよ状態での確認もしてつかぁさい。回転が低下する場合は%ば大きく、回転が過回転になる場合は%ば少なくしときますばい。フルハイ及び中心のセットがほぼできよったと。
posted by 博多ラジコン at 01:10 | Comment(0) | 博多ラジコン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。