博多のラジコン設定 その3

<スポンサードリンク>
エンジン調整の第一歩は、よか混合気ば作ることになるけん。爆発性混合ガスば容易に作りやすいガソリンの燃焼範囲は 1.4〜7.6vol%、メタノールやニトロメタンは更に燃焼範囲の幅が拡がったばい。メタノールやニトロメタンがガソリンに比べて、広い範囲で燃焼出来る事ば意味しとるけん、模型エンジンへグロー燃料ば使用することで、多少の腕の悪さばカバーして貰うことが出来るとゆう事になるけん。

メタノールは水への溶解度も水の溶解度も、どちらにも無限大に溶ける燃料ばい。グロー燃料の使用において、いっぺん開封してしもうた燃料ば取り扱いが悪い状態で長期間使い続けると、水分が蓄積されてしまうことになるけん。短期の使用においても蓋ば開けたまま放置するような使い方はくれぐれも避けとっと。

ニトロメタンの溶解度は2.2%で僅かに水が溶け込むが、ガソリンの場合には約80ppmで殆ど水は溶解しとらん。溶解度ば超えた量の水が混入した場合は、ニトロメタンまたはガソリンと水とが分離するけん。グロー燃料へ水が混入した場合には分離せんでん潤滑油と水が混ざり合って濁ることがあるけん。模型エンジンはメタノールの場合は、蒸気密度が空気とほぼ同じなけん空気とはえらく混合し易く、エンジンにとってよか混合気が作れるよか燃料ばい。

模型エンジンの冷却はクーリングファンによる冷却と燃料による冷却で行われとっと。ニードル調整でニードルば絞りすぎると燃料の量が減り、エンジンの冷却が不十分となりエンジンはヒートするとよ。バックプレートの温度ば見ることによりニードルの絞り具合の参考にすることが出来るとよ。50エンジン以上のエンジンでは長い間指ば当てることが出来る温度、季節にもよるけんがおよそ35℃〜50℃の範囲ばい。
posted by 博多ラジコン at 20:00 | 博多ラジコン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。