ラジコンヘリ用のサーボ

<スポンサードリンク>
サーボはフタバ、JR、ハイテックHiTecの9gサーボが無難ばい。可変ピッチヘリではサーボが4個必要なため、安価にしたいと思うこともあるけんが、安価なよそ製品には品管が甘くバラツキの多いもの、ニュートラル精度の悪いもの、ギアが壊れやすいものもあり、ある程度経験ば積まなかと適切な製品ば選ぶことができません。修理のことも考えれば、多少割高に感じられても、最初はフタバ、JR、ハイテックの定評のあるサーボば使うことばお薦めするとよ。

サイクリックコントロール用にはフタバS3103、JR ES375やらなんやら。アメリカではハイテックHS-65MG、65HBに人気があるようばい。これらのサーボはラダーサーボにも使えますが、より正確なテールコントロールとテールの止まりば要求する場合には、ラジコン各社から発売されとるテール専用サーボば使用するとよ。テールサーボには特にスピードが要求されるとよ。

フタバS9650、S9257、JR DS3500G、ハイテックHSG-5084MGやらなんやらがあるけん。ジャイロはフタバのGY240、GY401 JR G750T。GY240はアナログサーボとの組み合わせに適していて、GY401はデジタルサーボとの組み合わせに適しとるとのことばい。

入門レベルは価格の面からGY240がよいやろ。JRから発売されたG750Tは重量20g、厚さ10.5mmと小型軽量で400ヘリには最適ばい。ばってんくさ、こんジャイロに使用できるのは専用サーボDS3500GまたはDS8900Gのみばい。ハイテックのHG-5000は10gとさらに軽量ばい。HG-5000には、専用サーボHSG-5083MGとのセットもあるけん。

リポは大容量で軽量、自己放電が少なくメモリー効果がなかため、受信機電源として使いたくなるけんが、セルあたり3.7Vがネックばい。一般的な受信機とサーボは4.8V〜6V、だけんニッカド、ニッケル水素、乾電池での使用ば前提としとるけんリポ単セルでは使えんたい。2.4GHzシステムやパークプレーン、室内機用の小型受信機、サブマイクロサーボには3.7Vで使用できるものもあるけん。リポば4.8V対応受信機用に使うには減圧レギュレーターば使用して2セル7.4Vパックば使用する方法、昇圧レギュレーターば用いて3.7V単セルば使用する方法があるけん。
posted by 博多ラジコン at 12:44 | 博多ラジコン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。