ラジコン 京商の商品について

<スポンサードリンク>
京商は、現在では「KYOSHO」のブランド名で有名な、ラジコンメーカーの老舗やけん。飛行機、ヘリコプター、自動車、ボートと幅広かカテゴリーの商品ば販売しとーと。最近人気が高かのが、手のひらサイズの本格ラジコン、ご存知「ミニッツレーサー」やけんくさ。同製品ば使用したレース「ミニッツカップ」も開催されとーと。

ラジコンには、純然たる「おもちゃ」としてのラジコン(通称:トイラジコン)と、趣味としてのラジコン(通称:ホビーラジコン)があるとですが、京商が販売しとぅとは、ほとんどがホビー向けやけん。本格的なラジコンは、組み立て作業が必要であったとより、コントロール装置ば別途購入する必要があるとです。

こん数年で電子部品のプロセスが著しく縮小され、ナノミクロン時代に入って可能となったとよのが小型化で、これによりラジコンへの使用が可能となってきよったと。電子部品の価格も著しく下がり、ESCではFETば使いマイコンでそん制御ばしときますばいが、これらの価格が下がってきたためリーズナブルにもなったとよ。
posted by 博多ラジコン at 10:36 | Comment(0) | 博多ラジコン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。