電動ヘリ GY401の調整

<スポンサードリンク>
GY401は調整が面倒やから、本格的にバック飛行はじめるまでGY240でいくこつにしとったばい。GY401ってゲイン調整ば送信機側(5ch)でやるようになっとーと。GY401の取り扱い説明書には、FF8HとFF6Hでの調整方法ば説明しとーと。GY240はどげん送信機でん問題なかとです。

Tango45-06で飛ばしてみよったと。パワー感はループ、ロール程度なら可能ちゅうレベル。逆に言うと、背面飛行とかフリップするにはパワー不足やけん。わずかにパワー低下ば感じたところまでで7-8分くらい飛びよったと。EP Concept SRやECO8なんかと比べっと機体が大きかので、オートローテーションができますとよ。

なお、ESCば飛行機モードで飛ばしとぅとで、ホバリング位置からフルハイにすっと、急激なパワー変動でジャイロ制御が遅れて60度ほどピルエットしてしまおっと。パワーの立ち上がりの鋭さはさすがに電動やけん。

ギア比は20cells時のままやから回転が上昇。EP Concept SRと同等かわずかに上ちゅうレベル。度胸があれば、そんまま背面にひっくり返せる感じやけん。かなりパワフルやばってんがくさ、サイズがデカイ事まで考えたら驚くほどんもんではなかとです。30Aリミットやばってんがくさ、ローター回転ば大まかに見積っと30Aリミットちゅうのが低過ぎやけん。
posted by 博多ラジコン at 16:27 | Comment(1) | 博多ラジコン

トルクロールの練習

<スポンサードリンク>
スタント飛行の基本は、垂直一旦停止やけん根気良く練習しょうや!各舵角はそれほど大きくとらんごとても行えますが、スタント機でん十分可能で、舵角ば大きくする時はリカバリー時にオーバーコントロールによる失速に注意が必要やけん。

始めは順風の風がある時の方が意外に優しかやろうね。難しかのは正面風の時やけん。FF9のジャイロミキシングば呼び出し、MODEばGYに選択、機能ば有効にしSWば選択しときますばい。単純に2段切替えとコンディションがあるとですがFF9の場合は後者が良かやろうね。

後は、ダイヤルでノーマルかAVCSかば決め感度ば合わせますとよ。通常はホバリング、ホールドはAVCS、アイドルUPはノーマルが良かやろうね。トルクロールは教わって舵が打てる訳やなかとです。何度も繰り返し練習するこつでマスターできるやろうね。

コツとしては、エレベーターとエンジンコントロールがどげん早く少なか操作で行う事が出来るかがポイントやけん。ジャイロはエレベーターとラダーに付けるこつで、修正にはなりますが、練習はジャイロに頼らんで一度行ってみましょう。 飛行機用ジャイロGYA350/351が発売になったとよが、AVCS方式によって今までのジャイロに比べトルクロールもかなり楽に行うこつが出来ますとよ。
posted by 博多ラジコン at 03:21 | Comment(0) | 博多ラジコン

電動ラジコン リポの充電と過電流

<スポンサードリンク>
リポの高性能はリスクば引き替えである、ちゅう認識が必要になっと思っとーとよ。リポの充電については、必ずリポ対応充電器ば使用してつかぁさい。また、ニッカドやニッケル水素バッテリーは充電の際にセル数ば設定する必要がなかとですが、リポはセル数の設定が必要やけん。

セル数の設定ば間違えますと電池の損傷、さらには破裂・発火ちゅう事故につながりますので、使用するリポバッテリーパックのセル数に応じて充電器の設定ば行ってつかぁさい。

セル数自動認識や自動電圧検出タイプの充電器の場合、バッテリーの充電状態によってはセル数ば誤認識する場合があるとです。よってセル数自動認識タイプの充電器の場合ばってん、必ず手動でセル数ば設定してつかぁさい。

充電に際しましては、電池の種類・電池の電圧タイプ・セル数・充電電流の設定確認ば確実に行ってつかぁさい。確認は、面倒でん毎回行うこつばおすすめしときますばい。前回と同じやけんそんままの設定で、ちゅうごたるこつは事故の原因となりますので注意してつかぁさい。

スピード400やパワー400系のモーターには、4.8v, 6v, 7.2vちゅう表示が付いておっとが、これらは、単純に表示されとぅ電圧で使用すれば良かちゅうこつではなかとです。表示されとぅ電圧の範囲内で使用しても、適正な負荷よりも過負荷であれば、そん電圧でんモーターは焼けてきますし、逆に負荷が軽ければ、表示以上の電圧で使用が可能となりますとよ。
posted by 博多ラジコン at 22:33 | Comment(0) | 博多ラジコン

電動ヘリの老舗 京商

<スポンサードリンク>
京商は、現在では「KYOSHO」のブランド名で有名な、ラジコンメーカーの老舗やけん。飛行機、ヘリコプター、自動車、ボートと幅広かカテゴリーの商品ば販売しとーと。ちなみに、無線操縦の呼称として一般化しとぅ「ラジコン」は、増田屋コーポレーションの登録商標だそうで、京商はラジオコントロールモデル、R/C、RCと呼ぶこつが多かようやけん。

最近人気が高かのが、手のひらサイズの本格ラジコン、ご存知「ミニッツレーサー」やけんくさ。同製品ば使用したレース「ミニッツカップ」も開催されとーと。ラジコンには、純然たる「おもちゃ」としてのラジコン(通称:トイラジコン)と、趣味としてのラジコン(通称:ホビーラジコン)があるとですが、京商が販売しとぅとは、ほとんどがホビー向けやけん。

本格的なラジコンは、組み立て作業が必要であったとより、コントロール装置ば別途購入する必要があるとです。ばってん、京商の一部商品では、こげんいったとよ手間ば省おった、レディセットちゅうセットが用意されており、購入した日から飛行・走行が可能やけん。

ちびっと前までは、使用する電子部品などんサイズが大きかったとよために大型になってしとったESCやばってんがくさ、こん数年で電子部品のプロセスが著しく縮小され、ナノミクロン時代に入って可能となったとよのが小型化で、これによりラジコンへの使用が可能となってきよったと。

電子部品の価格も著しく下がり、ESCではFETば使いマイコンでそん制御ばしときますばいが、これらの価格が下がってきたためリーズナブルにもなったとよ。現在に至っては、ブラシ用のコントローラと価格もそう違わなくなっとーと。
posted by 博多ラジコン at 10:41 | Comment(0) | 博多ラジコン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。